前へ
次へ

賃貸管理を民間企業が行っていくと

社宅として賃貸物件を大量に借りることがあります。大手チェーン店、家具家電つきの部屋です。1回につき20程度の成約があるため、賃貸物件の管理会社も借りる側が少しミスしたくらいでは厳しく言うことはありません。賃貸管理で生活していく際に社宅をあらかじめ借りてくれていると、入居者が入居しやすいようです。賃貸契約とは業者が春か秋に、片っ端から空き部屋を社宅として使用するために借りていく印象があります。つまり、大手の企業が全国チェーンの不動産事情を肩に持った場合、大金が流れるということです。社員は社宅につくと賃貸管理されるなかで仕事に打ち込むことができ、社宅も無料であることから、生活費にかかるお金を抑えることができるということです。一度に50件程度の物件を決めてしまうということも多々あるようでして、大金が流れるため、今後の取引にも影響する、といったことは起こり得るでしょう。素泊まりのホテルでも同じことが言えます。

Page Top